連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

やっちゃった!

ハイテク装置のクルマが当たり前に?

 最近では驚くようなハイテク技術が装備されているクルマも出てきました。縦列駐車をスムーズに誘導してくれたり、 カーブを容易に走り抜けることができたり、高速道路での追突防止をしたり、バックのときクルマの真後ろがモニターで見ることができたり…。 今では一部のクルマの装置ですが、いずれ多くのクルマに採り入れられるでしょう。

▲ページ上部へ

交通事故の大半は「人によること」が原因

 メーカーは安全性を追求し、運転のしやすいクルマ作りをしています。かといって運転するのはあなたです。 安全な構造、操作しやすい装置に思わず運転能力が優れていると勘違いすることは危険です。過信をするのではなく、 自信がもてるようになることです。不注意、ごう慢が多くの事故を招いているのは事実です。 ハンドルを握るとその人の性格が表われるといわれます。せっかく素敵なクルマに乗っていても、 運転が無神経だったり、わがままだったりしてはあなたの良さを表現できません。

▲ページ上部へ

運転は「人」に対する思いやり

 クルマに対する思いはひとそれぞれです。単なる移動の手段の一つだったり、運転することが趣味であったり、 センスを表す持ち物であったりします。クルマのデザインはお国がらを表しますが、クルマの扱い方、 運転の仕方はその国の文化でもあります。個人の欲望のぶつかり合いにもなりうるクルマの運転。

 「やっちゃった!」……ちょっとした思いやりがあれば事故を防ぐことができたかも知れません。

▲ページ上部へ

連載コラム 目次