連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

やっちゃった!

 自転車は免許がいらない乗物ですから安易に考えて運転する人が多いようですが、道路交通法では車両として定められています。 幼児の時、おもちゃの延長線上で乗り始めます。安全運転意識が薄く、運転者としての自覚がないように見受けられます。 自転車でも事故を起こすと法的には自動車と同様に責任を問われます。

 そこで、自転車で交通事故に遭った時はどうしますか?(冷静さが大事です)

▲ページ上部へ

被害者の場合の対処方法

  1. 小さな事故であっても「警察官」に連絡して調べてもらう。
    ※後日、「交通事故証明書」を「自動車安全運転センター」に依頼して発行してもらう。
  2. 必ず医師の診断を受ける。(軽いケガと思っても)
  3. 相手を確認する。名前・住所・連絡先・勤務先・車の登録ナンバーを記録しておく。 また、運転免許証や自動車検査証・保険などの証明書を見て、免許証番号や保険番号なども記録する。
  4. 保険に加入している場合にはすみやかに保険会社(代理店)に事故状況を報告する。

▲ページ上部へ

加害者の場合の対処方法

  1. 負傷者がいる場合はすぐに119番に通報して救護する。また安全確保も忘れずに。
  2. 小さな事故であっても「警察官」に連絡をして調べてもらう。
    ※後日、「交通事故証明書」を「自動車安全運転センター」に依頼して発行してもらう。(保険会社から保険金を請求する場合に必要となります。)
  3. 相手を確認する。
    名前・住所・連絡先・勤務先などを伝えておく。
  4. 保険に加入している場合には、すみやかに事故状況を保険会社(代理店)に連絡する。
    ※手続きは保険会社担当者とご相談すること。
  5. 被害者の方へは、心からお詫びをし、お見舞いを忘れずに行い、誠意を表すことが円満な解決のために何よりも大切です。

 最後に、自転車での保険に加入する時代がきたようです。任意だからろ甘く考えていると大変なことになるかも!

▲ページ上部へ

連載コラム 目次