連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

自転車の正しい乗り方

びっくり!
昨年愛知県で交通弱者(歩行者、自転車乗用中)の事故死が全体の48%という数字

 くるまの町豊田市が人と環境にやさしい先進的な交通のまちづくりを進める中、交通体系の整備計画もさることながら、幅広い層の人たちが正しい自転車の乗り方を知ることが必要となってきます。

▲ページ上部へ

無免許でもドライバー

 自転車でもハンドルをにぎれば車のドライバーと同じように、運転者として道路交通法の対象です。 一時停止違反、信号無視、夜間の無灯火、並列運転、二人乗り、片手運転(傘さし、ケイタイ通話)などは違反です。 ご存知のとおり飲酒運転も違反です。罰則規定があります。交通ルールをまもり、自転車に関する道路標識などは覚えておく必要があります。

▲ページ上部へ

身を守る運転とは?

 交差点で車に巻き込まれる事故があります。しかも多くが被害の大きな重傷、死亡事故となっています。 車の特徴を知ると運転のしかたも変わります。特に大型車の左折の内輪差は実際に観察してみると想像以上に危険なゾーンが広いことがわかります。

▲ページ上部へ

運転は人柄が表れます

 それぞれのわがままを調整し、事故を最小限にすることを目指した交通法規ですが、基本は相手に対する思いやりです。 車はもちろん、自転車であってもドライバーとしての自覚を持ち、みんなが思いやりを持って運転すれば素敵な、 車のまちにふさわしい街づくりが実現できることでしょう。 くるまの町豊田市が人と環境にやさしい先進的な交通のまちづくりを進める中、 交通体系の整備計画もさることながら、幅広い層の人たちが正しい自転車の乗り方を知ることが必要となってきます。

▲ページ上部へ

連載コラム 目次