連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

飲酒運転の罰則強化

国は政府目標として平成24年までに交通事故者数を5000人以下にするため、主に4つの対策を法律に盛り込んでいくことが決まっています。

  1. 悪質・危険運転者対策
  2. 高齢運転者対策等
  3. 自転車利用者対策
  4. 被害軽減対策

特に悪質・危険運転者対策に関しては、法律が改正され、さらに罰則が強化されます。 何はともあれ運転者一人一人が安全運転の自覚を持つことが大事です。

▲ページ上部へ

改正内容

改正前と改正後 平成19年9月19日施行

  改正前 改正後
酒酔い運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒気帯び運転 1年以下の懲役又は30万円以下の罰金 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
車両の提供 罰則なし
(※刑法のほう助罪適用はありうる)
酒酔い運転…5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒気帯び運転…3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
酒類の提供・同乗 罰則なし
(※刑法のほう助罪適用はありうる)
酒酔い運転…3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
酒気帯び運転…2年以下の懲役又は30万円以下の罰金
飲酒検知拒否 30万円以下の罰金 3ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金

▲ページ上部へ

連載コラム 目次