連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

雪道での注意

年は暖冬ですが、もし雪が降って積もったらどうしますか!運転する時に注意する事かを考えてみましょう。

運転時に注意すること

◎発進
MT車では1速で発進すると、ホイールスピンを起こすことがあるので、2速での発進をすすめます。(回転をあげないように注意します。)
AT車はクリープ現象を利用し、ゆっくりと発進するようにしましょう。
◎走行
凍結路・積雪路では、タイヤのグリップ力が落ちていますので、急ハンドルはスピン、 急ブレーキはスリップ、又急加速はホイールスピンの原因となり、「急」のつく運転は通常の走行より特に厳禁となります。
雪道では特に「止まること」が難しいものです。ゆとりを持ってポンピングブレーキを使い、タイヤをロックさせないようにゆっくり減速し、 目標より少し手前に止まるように心掛ける。残り数メートルのところがスリップして止まらない場合もあります。
新雪に隠れて思わぬ凸凹があるかも。ワダチを利用する走行が良いでしょう。しかし、多くの車が走行するため、アイスバーンになっている場合もあるのでスピードには注意して下さい。
◎坂道
上り坂は、あらかじめ坂の勾配に合わせたギア(少し高めのギア)で、アクセルの踏み込みを一定に保つことが大事です。 下り坂では、速度を落とし低めのギアを使い、エンジンブレーキを使いながら減速するように注意をします。 ATでは2レンジかLレンジを使うとエンジンブレーキがよく利きます。(オーバードライブをOFFにする事を勧めます。)
◎カーブ
カーブの途中でブレーキを使用すると滑りやすくなるでカーブ手前で十分に減速することが大切です。又、アクセル操作もカーブではスピンの原因となります。
◎トンネル
入口と出口に要注意。入口では前車がトンネル中の暗さによって速度が落ちて、追突事故につながりやすく、 又トンネルは地形の変化が大きい場所が多く、トンネルを境に天候が変わっているので出口ではアイスバーンになっているかも!
◎橋
地熱がなく、水蒸気が付着しやすい、又風の強い日には凍結しやすい形状です。

▲ページ上部へ

連載コラム 目次