連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

道路交通法改正 チェックポイント

政府は平成24年までに交通事故死者数を5000人以下にする目標をたて、昨年、道路交通法の一部を改正しました。
*公布日平成19年6月20日

悪質・危険運転者対策の推進

飲酒運転に対する罰則の強化として、酒酔い運転は5年以下の懲役又は100万円以下の罰金となりました。 酒気帯びは3年以下の懲役又は50万円以下の罰金、とそれぞれ強化されました。また車両提供者、酒類提供者にも罰則が科されるようになりました。ともに公布から3ヶ月以内である19年9月19日に施行されています。

高齢運転者等対策の推進

75歳以上の高齢運転者標識(もみじマーク)の表示義務違反に対して罰則を設けています。
(平成20年6月1日施行)

被害者軽減対策の推進

後部座席における座席ベルトの装着が義務化されます。高速道路での違反者には行政処分の点数1点が科されます。
(平成20年6月1日施行)

違法駐車に関する規定等の見直し

違法駐車車両の移動と保管が民間の会社やその他の法人に委託することが出来るようになりました。
(平成18年6月1日施行)

自転車利用者対策の推進

本人はもちろんお子さんにも徹底してください

 特に自転車に乗りながらの携帯電話の使用や傘差しによる片手運転はやめてね。そして児童、幼児のヘルメット着用は保護者が十分に気を配ってあげてください。

▲ページ上部へ

連載コラム 目次