連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

聴覚障害者の運転免許

聴覚障害者マーク 平成20年6月1日より、まったく耳の聞こえない人でも、運転免許を取得できるようになりました。

但し次の条件を満たしていないといけません。

(1)ワイドミラーを車内に装備すること
装備しなかった場合…5万円以下の罰金・反則金 7000円・違反点数 2点
(2)表示の義務
自動車の前面及び後面に「聴覚障害者標識」を付けること。表示しなかった場合…2万円以下の罰金・反則金 4000円・違反点数 1点
(3)運転できる自動車は
専ら人を運搬する構造の普通自動車であること(原動機付自転車や小型特殊車両は除かれます)

 表示車両に対して配慮しましょう

 周囲の運転者は聴覚障害者が警笛音では危険を察知できないことがあることを理解し、必要に応じては徐行、減速を行うなどの配慮が必要です。

特に以下のような場合には配慮しましょう。

  1. 自分の車線に車線変更をしようとしている自動車
  2. 脇道から前進又は後退して大きな道路に入ろうとしている自動車
□罰則規定
聴覚障害者標識を表示した車に対する幅寄せ・割込みの禁止
違反した場合…5万円以下の罰金・反則金 6000円(普通車)・違反点数 1点

初心者、高齢者、聴覚障害者など特に周囲の車両は配慮が必要です。

▲ページ上部へ

連載コラム 目次