連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

飲酒運転の罰則が変わります。

2009年6月1日施行で飲酒運転の行政処分が強化されます。
飲酒運転関連の運転免許の欠格期間の見直し
(初めてで、他に違反がなく、一方的な不注意で起こした場合)

飲酒運転の罰則強化

違反内容 現状罰則   新しい罰則
酒酔い運転 基礎点数25点 35点
欠格期間2年 3年
●事故をおこした場合
欠格期間2〜5年 3〜7年
※ひき逃げの場合10年
酒気帯び運転 ●0.25mg/ℓ以上
基礎点数13点 25点
免許停止90日 免許取り消し
欠格期間2年
※ひき逃げの場合10年
●0.15mg/ℓ以上0.25mg/ℓ以下
基礎点数6点 13点
免許停止30日 90日
※ひき逃げの場合免許取消…欠格期間6年
危険運転致死傷 基礎点数45点 結果の重大性に応じて45〜62点
欠格期間一律5年 5〜8年
※ひき逃げの場合10年
救護義務違反
(ひき逃げ)
基礎点数23点 独立処分理由となり35点
欠格期間2〜3年を加算し付加点数として処理 3年
他の違反と合わせると最大10年

飲酒運転について

警視庁キャンペーンより

  • お酒を飲んだら絶対運転はしない
  • お酒を飲んだ人には車を貸さない
  • 運転する人にはお酒を出さない、すすめない
  • お酒を飲んだ人には運転させない、同乗しない

▲ページ上部へ

連載コラム 目次