連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

中型自動車と知らずに無免許運転

 最近、普通免許で貨物自動車を運転することにより、無免許運転(正式には車種外無免許運転)となってしまっている方が多くいます。
 それは、道路交通法の一部改正により、平成19年6月1日以前に普通免許を取得された方と同年6月2日以降に取得された方とでは、運転できる車両の範囲が異なりますが、これを知らずに運転して無免許運転となる方がいます。
 下記の表を見ていただくと、お分かりになると思いますが、平成19年6月2日以降に免許を取得された方は、車両総重量5トン未満・最大積載量3トン未満・乗車定員10人以下、このすべての条件を満たしている車でなければ運転することはできません。違反すれば、違反点数19点、免許取り消し、1年以下の懲役又は30万円以下の罰金となってしまいます。

免許 判別ポイント 運転可能車両
車両総重量 最大積載量 乗車定員
普通免許 H19.6.1以前に取得 8t未満 5t未満 10人以下
H19.6.2以降に取得 5t未満 3t未満 10人以下
中型免許 免許条件に「中型車は中型車(8t)に限る」と記載 8t未満 5t未満 10人以下
免許条件に車種に関する記載なし 11t未満 6.5t未満 29人以下

※平成19年6月1日以前に普通免許を取得された方は中型の8t限定免許と記載されますが、乗れる範囲はこれまでと同様となります。

車種外無免許運転を未然に防ぐためには

  • 免許の取得年月日、種別、条件の確認
  • 運転する車を自動車検査証により確認

▲ページ上部へ

連載コラム 目次