連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

「気づき」が自分や家族と他者との事故を防ぐ

 自分の心理特性や運転特性を知ることと、その特性によってどの様な事故を 起こしやすいかを知ることは大事なことです。それが「気づき」なのです。

気づきの効果

 自分をコントロールする能力を高めるという効果があります。 自己コントロール能力が低いと、頭で考えていることと実際の行動が違うという現象が起こり、 自分では安全運転をしているつもりでも、実際には危険な運転をしてしまっている ということも起こりかねません。さらには「どうしてこのようなことをしてしまったのだろう」 というように自分の行動が自分で理解できなくなることもあります。

人災は防ぐことが可能

 この10年間(H14〜H23)で交通事故死者数は、61900名あまりにのぼります。 天災による被害は、人の努力だけでは防ぎきることは難しいものです。 しかし、交通事故は、運転者、歩行者すべての人々が安全な行動をとることにより防げるものです。 宝物である「命」を守ることができるのです。

▲ページ上部へ

連載コラム 目次