連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

気づかない要因でも事故が起こるの?

 ドライバーの心理状態は、様々な運転ミスを引き起こす可能性があり、それがヒヤリハットやその延長線上にある事故につながることになるのです。

運転していない日常にも要因が

 車の運転中にイライラが影響して、つい運転が乱暴になったり雑になったりした経験を多くのドライバーは知っています。でも、運転していない日常的な心理状態も運転に影響を与えていることは意外と知られていません。日常のストレスが高いほど「ヒヤリ」「ハット」を起こしやすいのです。

ヒヤリハットは事故防止の予防シグナル

 1件の死亡事故の背景には29件の重軽傷事故と300件のヒヤリハットが存在するという法則があります。【図1】ドライバーの日常の心理的要因も運転ミスを引き起こす可能性があるというのです。性格特性の調査分析では「誠実性」や「協調性」が高いドライバーはヒヤリハットを起こしにくいことが分かっています。ヒヤリハットが短時間の間に連続するという実験結果もありますから要注意です。

▲ページ上部へ

連載コラム 目次