連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

自転車乗用者の事故と違反の実態は…

  1. 一時停止標識のある所では自転車も停止しなければならない?□YES □NO
  2. YES

調査の結果、年齢を問わず交通ルールを知らない人が多かったのです。

自転車乗用者の事故原因

 警察官が事故当事者である自転車乗用者に何らかの違反行為があった為に事故に遭遇したと認定したケースに関し、自分の違反行為について訪ねた結果があります。  「左右の安全確認をしなかった」が多かったのですが、驚くことに「違反行為はしていない」という人が多かったのです。本人の回答と警察官の事実認定の比較から、発見の遅れによる判断の誤りであることが分かっています。

誤った学習に修正が必要

  自転車は車両の一種であることを認識している人が少ないため、一時停止を守る自転車乗用者は少ないのが現状です。認識していた人でも「相手が道を譲ってくれると思った」という相手(ドライバー)の譲歩への期待を示していました。

 以上のように、自転車乗用者は、高齢者も非高齢者も、自転車運転のための交通規則を正しく認識している人が少なく、歩行者に近い感覚で運転している傾向がうかがえます。さらに、安全保持を相手側(ドライバー)に期待あるいは依存しているという傾向もあります。

▲ページ上部へ

連載コラム 目次