連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

意外と知らない!? 安全な高速道路の走り方

  1. 高速道路の死亡事故過去2年減っている?□YES □NO
  2. NO

 2012年8月時点の交通事故死者数は4411人と過去12年連続減少だったことが警察庁のまとめで分かりました。

 そんな中、気になるのが高速道路での死亡事故。テレビ報道による、人が車に押しつぶされて被害を受けた悲惨な光景が目に浮かびます。過去2年連続で死亡者数は増加しているのです。

 

防げた事故が あったはず

 みなさん自動車教習所で高速走行については学んだはずです。再度復習してみましょう。

高速道路に入る前

  • 故障や交通事故等の緊急事態に備え、事前に「停止表示器材」等を購入し、自動車に搭載しておきましょう。
  • あらかじめ「燃料」「冷却水」「オイル」の量を点検しましょう。
  • 貨物の場合は積載状況を点検しましょう。
  • 事前に高速道路の走行状況等の情報を入手し、無理の無い計画を立てましょう。

本線車道では

  • 通常はキープレフトの原則から走行車線を走行します。
  • 低速車両がいる時やインター等で合流する車両がある場合などは追い越し車線に進路変更をしますが、追い越し等が終了した時は速やかに走行車線に戻らなければなりません。

 高速道路での死亡事故が2年連続増加について、警察庁は「スピードを出して走る高速道路への警戒感が薄れている」としています。

▲ページ上部へ

連載コラム 目次