連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

交通事故の危険性男女差はあるの?

ヒヤリハットと男女差

 こんな調査、実験結果があります。男性が最もおこしやすいヒヤリハットは「注意不足によって起こるヒヤリハット」で女性が最も起こしやすいヒヤリハットは「歩行者や自転車などの交通弱者との間に発生するヒヤリハット」だというのです。

事故と男女差

 男性は女性よりも脇見運転や速度違反による事故が多く、女性は男性よりも相手の動きに関する判断ミスや信号無視による事故が多いことが分かっています。(図1)  事故状況に関しては、男性は走行時や相手とすれ違う際に事故を起こすことが多く、女性は右折時や自分がバックしている時に事故を起こすことが多いことがわかっています。

運転中の視線と男女差

 男性の方が女性よりも注視すべき対象をよく見ていますが、女性はそれを見逃す傾向が男性よりも高いようです。しかし女性は交通弱者に関してだけは、男性よりもよく見ているという結果が得られています。

参考 「人と車」2012年1月号より

▲ページ上部へ

連載コラム 目次