連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

急がば回れ、環状交差点。信号が無くても、ゆっくり右回り

環状交差点の交通方法が定められ、平成26年9月1日に施行されました。

環状交差点とは、車両の進行する部分が環状の交差点であって、道路標識により車両がその部分を右回り(時計回り)に進行することが指定されているものをいいます。この環状交差点においては、交差点における待ち時間の減少、交通事故の減少等が期待されます。

豊田市には東海環状自動車道の鞍ヶ池スマートIC入口と藤岡ICロータリー交差点があります

環状交差点を通行するときは?

 あらかじめできる限り道路の左端に寄り、徐行して進入してください。環状交差点内は、右回り(時計回り)に通行し、できる限り環状交差点の側端に沿って徐行しなければなりません。

車両の優先関係は?

 環状交差点においては、環状交差点内を通行している車両が優先ですので、交差点内を通行する車両等の進行を妨げてはいけません。

歩行者に注意を

 環状交差点に入ろうとするときや、環状交差点内を通行するときは、その環状交差点または直近で道路を横断する歩行者などに特に注意し、できる限り安全な速度と方法で進行しなければなりません。

環状交差点を出るときは

 出ようとする地点の直前の出口の側方を通過したとき(環状交差点に入った直後の出口を出る場合には、その環状交差点に入ったとき)に、左側の方向指示器を操作し、交差点を出るまで合図を継続しなければなりません。

参考資料 警察庁・都道府県警察HPより

▲ページ上部へ

連載コラム 目次