連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

高齢者の交通事故死亡者数は増加

4113人まで減り続けてきた全国の交通事故死亡者数は、平成27年度は4117人となり 年ぶりに増加となりました。

道路横断中の高齢者歩行事故

自転車乗用中と歩行中の事故による死者数は高齢者では34%(自転車8%+歩行者26%)となって非高齢者の年齢層よりも多くなっており、特に歩行中の事故については、高齢者の死者数が非高齢者の約2.4倍になっています。
 

高齢歩行者の死亡事故の特徴

時間帯別の死者数を見てみると、非高齢者の死亡事故は夕方18時台から夜中1時台に増える傾向があるのに対し、高齢者の死亡事故は17〜20時台の夕暮れから短い時間帯に集中しています。特に17時台の高齢者の死者数は非高齢者の10人に対して10.7倍となる107人と昼間と比べても急増しています。

 運転者は、「高齢歩行者は車の接近に気づかないことが多い」と考えると同時に、高齢歩行者側もできるだけ早く自分の存在を運転者に気づいてもらえるように、外出時は目立つ明るい色の衣服を着用し、外出が夕方以降になるときは車のライトを反射する反射材を身につけたりして、自己防衛に心掛ける必要があります。

[参考 (一社)全日本指定自動車教習所協会]

▲ページ上部へ

連載コラム 目次