連載コラム

TCDS TOP-Page » 連載コラム

75歳以上の高齢運転者対策として改正道路交通法が実施されます

臨時認知機能検査・臨時高齢者講習が新設されます

 現行では3年に一度の免許の更新のときだけ受けることとされていた認知機能検査について、一定の違反行為があれば3年を待たずに受けなければならないこととなります。
 対象となる違反行為には・信号無視・通行区分違反・一時不停止・横断歩行者妨害・合図不履行など18項目が定められています。臨時認知機能検査の結果、認知機能の低下が運転に影響する恐れがあると判断された高齢者は、新設された「臨時高齢者講習」を受けなければなりません。

臨時適性検査制度の見直し

 認知機能検査で認知症のおそれがあると判断された方は、違反の有無を問わず、医師の診断を受けることとなります。あるいは命令に従い主治医等の診断書を提出しなければなりません。医師の診断の結果、認知症と診断された場合は運転免許の取り消し等の対象となります。

高齢者講習の合理化・高度化がされます

 高齢者講習は、75歳未満の方や、認知機能検査で認知機能の低下の恐れが無いと判断された方に対しては2時間に短縮されます。その他の方に対しては個別指導を含む3時間の講習となります。
 高齢者による交通事故が減るといいですね。

[参考 愛知県警]

▲ページ上部へ

連載コラム 目次