トヨタ中央自動車学校の高齢者講習

TCDS TOP-Page » 高齢者講習

高齢者講習について

道路交通法の一部を改正する法律が平成29年3月12日施行されます。

新たな高齢者講習制度

●臨時の講習予備検査制度の導入
75歳以上の方(運転免許を現に保有している方)が一定の違反行為をしたときは、その方に対し、臨時の認知機能検査を行います。
●臨時高齢者講習制度の導入
臨時の講習予備検査を受けた方が、認知機能が低下するなど一定の基準に該当するときは、その方に対し、臨時の高齢者講習を行います。
●臨時適性検査の規定整備
更新時の高齢者講習の前に認知機能検査を受けた方が、認知症のおそれがあることを示す一定の基準に該当したときは、臨時に適性検査を行い、又は医師の診断書の提出を命令することになります。

満70歳以上の方は、免許更新時に高齢者講習の受講が必要となります。

事前にお電話にてご予約ください。
フリーダイヤル:0120-967-471

免許の有効期限を確認してください。
免許証の「平成○○年○月○日まで有効」
  • この日の年齢で講習内容が変わります。
  • この日の6ヶ月前から講習予備検査と高齢者講習が受けられます。
講習の種類

高齢運転者標識 高齢運転者標識 記憶力、判断力が低くなっていても免許証の更新は出来ますが、 信号無視、一時不停止、踏切不停止といった交通違反を更新の前(※)に行っていた場合、 又は更新の後に行った場合は、警察から連絡があり専門医の診断を受けるか、 主治医の診断書を提出することになります。認知症と診断された場合は、免許が取り消されます。
※更新前の対象となる期間:更新期間満了日の1年前の日から更新申請日の前日まで

見やすく、扱いやすい、新検査機導入
お気軽に0120-967-471へお電話下さい!!

▲ページ上部へ